COLUMNコラム

冬だからこそ、ハワイアンソープでお肌に潤い

POSTED ON
冬だからこそ、ハワイアンソープでお肌に潤い

Aloha、ノリエグリーンです!日本は寒くなってきましたね。お風邪などひいていませんか?美容の面から言っても、身体の冷えは大敵!アンチエイジングなお肌や身体を目指すなら、身体を温めることは基本の基本。そのためにもこの冬、もう一度バスタイムで身体を温めながら、ハワイアンソープの力を借りる美容法はいかがでしょうか?

ハワイの素材の良さは、化粧品だけでなく石鹸にもいかされていて、上質な手作りソープが驚くほどあるのです。例えば人気の衰えない、ココナッツオイルをたっぷり使ったソープ。ココナッツオイルはハワイ産のソープにはほとんど全て、と言ってもよいくらい使われている素材のひとつですが、その理由は第一にその保湿力。

ココナッツオイルは、優秀な石鹸成分です!

何と言っても「Ka’Aila Niu(カアイラニウ)」のソープに使われているココナッツオイルは、ハワイ島の工場の庭で採れるココナッツが原料なのです。だから完全な自然栽培。採れたココナッツを新鮮なうちにオイルやミルクにし、その成分がソープに!その上、リリア(百合の花の一種)やピカケ(ハワイアンジャスミン)などのハワイらしい花の香りにも癒される、洗い上がりがしっとりとした、優しいソープです。

ココナッツミルクたっぷり、香りの良いカアイラニウのソープ。

そして、ハワイ島コナにあるソープ工場「Kona Natural Soap Company(コナナチュラルソープカンパニー)」には、私が石鹸成分の組み合わせにかけては天才!と思うGreg(グレッグ)さんが、丁寧に手作りしているソープがあります。

土づくりからこだわっているグレッグさんの農園で採れるカカオが、細かく細かく砕かれてソープの成分になれば、ナチュラルなエクスフォリエイトソープに。

ハワイ島、グレッグさんの農園で育つカカオもソープ成分に!

組み合わせの天才、グレッグさんは、このカカオにコナコーヒーをブレンドしたりするので、コーヒーの持つアンチエイジング効果と保湿力が重なり、お肌の汚れや無駄な皮脂を優しく取り除きながら、かつ潤い感がたっぷり、という極上のソープができあがるのです。私も一日、ソープ作りを取材しましたが、丁寧で繊細なソープ製作はまさにアートでした!

グレッグさんとソープ作りを体験する筆者

また、ワイキキのトラベルプラザでも販売開始となった、ハワイアンノニを使った手作りソープ「Puna Noni Naturals(プナノニナチュラルズ)」。奇跡のフルーツと呼ばれるノニのジュースがたっぷりと含まれた、身体にもお顔にも使えるソープです。

ハワイアンノニは保湿力が抜群!

全成分がナチュラル素材。特に化学物質が使われやすい保存料も、ライスブランを使うなど、徹底的に自然であることにこだわったソープです。だから、海や川に流れても生物たちに影響を及ぼさないオーシャンフレンドリー。ハワイの海を愛する製作者たちのハートから生まれたソープは、ノニの保湿力に加え、ココナッツオイル、マカダミアナッツオイルなど、ハワイの素材の中でもお肌にしっとりとなじむ潤い力に優れた素材が厳選されています。だからこそ、洗顔石鹸としても肌がつっぱることもなく、優しい洗い上がりです。

洗顔石鹸としても使えるプルメリアとココナッツのソープ。

本当にハワイという島は、ソープ作りにぴったりの素材にあふれた場所。今回ご紹介したココナッツやノニ、カカオやコーヒーだけでなく、ククイオイルやハワイアンハニー、プルメリアやマンゴーも、ソープにはぴったりの素材です。ハワイの花やフルーツたっぷりの石鹸もまたいつかご紹介できたらな・・・と思います。

こんなハワイならではの自然素材で作られる、手作り石鹸。そのテクスチャーや洗い上がり感に、そしてその香りや成分に癒されるものばかり。一日の終わりのバスタイムに、身体をしっかり温めながら、ハワイアンソープでお肌と心に潤いを与えてあげてみてはいかがでしょう?

※トラベルプラザは2018年10月31日をもって閉店となります

  

プロフィール

Norie Green

Norie Green

ハワイで活躍する唯一のコスメライター。全米一のスパマーケットプレイスでは日本人初、ハワイゼネラルマネージャーを務める。コスメ生産者や原材料をつくる農園を実際に取材、さらにコスメを生活の中で使い、本当に良いものだけを記事にするという姿勢で、各雑誌、ウェブマガジンなどのコラムも人気。またアナウンサー、コーディネーターとしても活躍し、各企業のセミナーや講演会など多数。


その他のCOLUMN