COLUMNコラム

スーパーフードの「チアシード」を朝食に

POSTED ON
スーパーフードの「チアシード」を朝食に

ハワイのローフードマイスター平山りつ子(Liko)が、簡単にできるおいしいローフードレシピをお届けする『身体の中から綺麗になるハワイのローフード』

数年前から話題になっているチアシード。メキシコなど中南米原産のものが多く、チアとはマヤ語で「力」という意味。とっても小さい種なのに、その力は本当に凄く、もし災害などで食料が手に入りにくくなっても、チアシードと水さえあれば生きていけるといわれているほど栄養価が高いのです。この小さな種に水分を含ませると、周りがゼリー状になり歯ざわりも柔らかく、お子様のおやつにも大好評です。オメガ3もたっぷり含まれているので、女性の美容食としても大人気ですね。

写真は1.5倍ほど拡大しています。実際のチアシードは胡麻よりも小さい粒です。

今回は、簡単に作れるカシュークリームでチアを膨らませて、たっぷりのフルーツと共にいただく、朝食におすすめの「フルーツチアプディング」をご紹介します。

フルーツチアプディングの材料(2人分)

  • チアシード・・・1/4カップ
  • カシュークリーム・・・1/2カップ
  • メープルシロップ・・・1/4カップ
  • バニラ&シナモン・・・小さじ1/4
  • ブルーベリー、ネクタリン、パイナップル、バナナなど・・・適量

作り方

1

1、まずは、カシュークリームを作ります。カシューナッツ1 1/2カップを多めの水で3~4時間浸水させます。

2

2、水をよく切り、新たに水1 1/2カップと一緒にブレンダーで滑らかになるまで攪拌します。

3

3、カシュークリーム約1カップ(4人分)ができます。ここから1/2カップをプディングの材料として使用します。

4

4、フルーツ以外の材料をすべて混ぜます。チアシードが柔らかくなるまでの間にフルーツを刻んでおきます。

5

5、10分ほどでチアシードに粘りが出てきます。

6

6、ここに刻んだフルーツを混ぜて、このまま冷蔵庫で約1時間冷やします。フルーツが冷たいときは、そのままでもOKです。

7、グラスや容器に盛り付けて、できあがりです。フルーツは季節やお好みに合わせてお選びください。

  

プロフィール

 平山りつ子(Liko)

平山りつ子(Liko)

ハワイのローフードマイスター。健康で元気に歳を重ねていきたいという願いのもと、日本リビングビューティー協会認定のローフード料理教室を開催。新鮮な野菜やフルーツの宝庫ハワイで、身体の中から綺麗になれるローフードレシピを発信中。


オフィシャルブログ

その他のCOLUMN