隠れ家的サロン編

POSTED ON
隠れ家的サロン編

ハワイに旅行に来たことがある方なら、一度は感じたことがあるかもしれません。 …「ハワイの時間の流れは違う」…何故かハワイは時間がのんびりと、ゆっくりと過ぎていくもの。ビーチで過ごす午後も、海辺のレストランでのひとときも、やはりゆったりとしたハワイアンタイムを感じますよね。

隠れ家のような「サロンレフア」

そして、美容オタクの私がおススメしたいハワイアンタイムの過ごし方は… ハワイの隠れ家的サロンで、ハワイにしかないトリートメントを受けること! Tギャラリアから歩いて3分、というワイキキの中心にありながら、賑やかなクヒオ通りからほんの少しだけ入った所にある、知る人ぞ知る!隠れ家サロン「サロン レフア」。このサロンで受けられるのは、もともと中国から伝わったという「かっさ」というデトックス技術をハワイで独自のものにした「オリジナルハワイアン美容かっさ」というメニューです。人間が持つ七つのチャクラとハワイの七色の虹を重ねてつくられた「かっさプレート」を使って行っていきます。

七色が綺麗なサロンオリジナルかっさプレート

オリジナルのプレートを使いボディやヘッドをゆっくりマッサージしていくことで、リンパや血液の流れをスムーズにし、体内の余分な水分や老廃物を流すデトックス効果のあるマッサージなのですが、この「ゆっくり感」が私たちをハワイアンタイムに誘ってくれるのです。首筋のリンパや背中のコリのある部分に、ゆるゆると、そしてじわじわと、かっさプレートが心地よくすべっていきます。 サロンでは基本的に、お客様をお一人づつお迎えするので、その時間はサロンを貸し切り!という状態。自分のためだけに、サロンの時間が流れているわけです。

親しみやすいアロハな笑顔、代表の康子さん

サロン代表の康子さんは、日本でメイクアップアーティスト、スタイリストとして経験を積んだ女性ですが、ハワイでも確かな技術を持つ美容家として活躍しています。そんな康子さんの明るく親しみやすい接客にも「ハワイだな~。」と感じたりするのです。

私がサロンでメニューを受けた時に驚いたのは、ほんの少しのコンサルティングで康子さんに「少し体が冷えていると思うよ。チャクラとのバランスを考えて赤い色のかっさを使いましょう。」と言われたこと! ちょうど体の冷えで悩んでいた時だったので、経験のある美容家のすごさに脱帽したのでした。そのかっさは、自宅エステ用としても持ち帰ることができるので、ハワイのお土産としてもおススメ。確実に体に届く技術と、アロハな接客、そしてサロン貸し切りのゆったり時間…。

今までになかったハワイでのサロンの楽しみ方、味わってみてはいかがでしょう?

サロンレフア
住所:421 Lewers St., Suite A Honolulu
TEL:(808) 921-3432
予約受付時間:9:00 – 18:00
定休日:木曜日・第1・3日曜日
salonlehua.com

  

プロフィール

Norie Green

Norie Green

ハワイで活躍する唯一のコスメライター。全米一のスパマーケットプレイスでは日本人初、ハワイゼネラルマネージャーを務める。コスメ生産者や原材料をつくる農園を実際に取材、さらにコスメを生活の中で使い、本当に良いものだけを記事にするという姿勢で、各雑誌、ウェブマガジンなどのコラムも人気。またアナウンサー、コーディネーターとしても活躍し、各企業のセミナーや講演会など多数。


その他のCOLUMN