COLUMNコラム

地球にやさしいエコ植物「キャッサバ」を使用したもちもちパンケーキ

POSTED ON
地球にやさしいエコ植物「キャッサバ」を使用したもちもちパンケーキ

本当に楽しい料理教室としてハワイで人気の「Studio F」を開催する料理家・横川二三代が、ハワイ産の食材を使ったハワイ発のレシピをお届け。今月は、エコ植物「キャッサバ」を使用したパンケーキをご紹介。

みなさまは「キャッサバ(Cassava)」という農作物をご存知ですか?日本人にはあまり馴染みのない「キャッサバ」ですが、「タピオカ」といわれればご存知の方も多いのではないでしょうか。中華料理のデザートや、今ハワイでも大人気のバブルドリンク、そして冷凍うどんなどにも使用されている「タピオカ」は、キャッサバ芋のでんぷん質から作られているのです。

キャッサバ

キャッサバ自体のお味は特徴がないのですが、食感は里芋と蓮根を足したような感じです。80%以上がでんぷん質のキャッサバは、悪条件でも比較的栽培しやすい植物なので、最近では食用だけではなくバイオ燃料の原料としてもブラジルやナイジェリア等で大量に栽培されています。

先日ワイキキにオープンしたレストラン「ビルズ」のメニューにもチップスとして登場するキャッサバですが、今回作るのは南米に住んでいた友人に教わったキャッサバ・パンケーキ。ハワイではアジアンマーケットやドンキホーテなどで生のキャッサバを購入することができるので、タピオカ粉ではなく、生のキャッサバを使ったレシピをご紹介します。

キャッサバ・パンケーキの材料(4枚分)

キャッサバ・パンケーキの材料(4枚分)

  • キャッサバ 1本(約450g)
  • 塩 小さじ1/2
  • ココナッツミルク 1/4カップ
  • ココナッツオイル 適量(焼き油)
  • ココナッツミルク 1/2カップ(漬けシロップ)
  • きび砂糖やメープルシロップ等をお好みで

作り方

1

1、キャッサバは皮を剥いてグラインダーで擂りおろしボウルに入れておく。

注意事項

(注)市販されている物は極めて安全ですが、キャッサバは中央の芯の部分が毒性の場合もあるので、外側から縦に擂りおろし、中央の芯の部分は残すように心がける。

2、3

2、フライパンを中火で温め、ココナッツオイルを適量入れて満遍なくのばす。

3、キャッサバにココナッツミルクと塩を加えて混ぜ、直径10cmほどの円形に整えてフライパンで焼く。

4

4、途中ひっくり返し、きれいなきつね色が付くまで焼く。

5

5、焼きあがった後は、ココナッツミルクに浸してからお皿に取る。

6

6、熱いうちにきび砂糖やメープルシロップをかけていただく。

ちなみにキャッサバを粗めに擂りおろすのに使ったグラインダーは、ハワイのスーパーマーケット等でお安く売っていますので、ご家庭用にお買い求めてみてはいかがですか?チーズや根菜類を包丁で刻む代わりに、目の粗さも選べてザクザクと擂りおろせるので、人参やごぼうのサラダ、ハッシュドポテトの時に重宝しますよ。

  

プロフィール

横川二三代

横川二三代

「家族に還元できる習い事」「キレイで、美味しく、使える料理」 をモットーに、本当に楽しい料理教室としてハワイで人気の「Studio F」を開催。ハワイ産の食材を使ったハワイ発のレシピを発信中。教室は日本の雑誌でも取り上げられ日本からの旅行客やロコからの予約でいっぱい。


Studio F

その他のCOLUMN