COLUMNコラム

夏にぴったりの涼風スイーツ!グリーンレモネードとシャーベット

POSTED ON
夏にぴったりの涼風スイーツ!グリーンレモネードとシャーベット

本当に楽しい料理教室としてハワイで人気の「Studio F」を開催する料理家・横川二三代が、ハワイ産の食材を使ったハワイ発のレシピをお届け。今月は、ビタミンCたっぷりのレモンを使った爽やかな夏のドリンクと簡単シャーベットをご紹介。

レモンの木

引っ越してきてから庭に植えたレモンの苗。5年ほどかかりましたが、今ではたわわに実をつける立派な木に成長しました。去年は今までの最高記録で、なんと200個ほどの収穫。ご近所や教室の皆さんにお裾分けしたり、毎日のサラダやレモネード、レモンゼリーにシャーベット、レモンケーキ、保存食としてレモンジャム、塩レモン、レモンチェッロ等々、本当にたくさんレモンを使い、随分と楽しませてもらいました。

「さて、今年はなにを作ろうかな?」なんて考えながら、普段は夫に任せっきりで水やりもしない私も、フルーツをたくさんつけてくれるこのレモンの木だけは感謝の気持ちでえこひいき。花が咲く前からバンバンお水をあげて大切に世話をしておりました。

そんなある日、愛犬の散歩から帰ってきたところ、これまた仕事帰りの夫が、なにやら見知らぬ車の横で40代とおぼしき男性と話し込んでいる様子・・・ん?知り合いの方かと思い、とりあえず笑顔で対応した私。しかしその男性、レモンをたっぷり付けた枝を抱えて車に乗り込み、夫の方を窺いながらそそくさと退散するではありませんか!・・・怪しいニオイ!

夫によると、ちょうど帰宅したところに、たくさんのレモンを枝ごと抱えた男性が車に乗り込むところを目撃。走って近寄り話しかけたところ、切り枝鋏を見せつつ、木の持ち主に許しを得ているから大丈夫と言ったとか。あまりにも白々しい嘘にムッときて、自分が持ち主である事を告げると、相手もビックリして退散となったらしいのですが、二度と来ないようにと告げ、車のナンバーを控え、名前と住所を聞き出したところ・・・なんと家の近所!ご近所さんなら一言断わってくれたら分けてあげたのに。しかし、彼の場合は別!切り枝鋏持参だし、きっと常習犯です!

それにしても、枝に付いていた20個ほどのレモンを一体どのようにして使ったのか、むしろそちらに興味がある私です。事件時はまだ5月だったので実が小さく、もしかしてライムと勘違いしていたのではないかと思うこの頃、今は黄色に熟してとってもジューシーな我が家のレモンです。

そんなわけで今回は、驚きの「レモン泥棒事件」を忘れるべく、ビタミンCたっぷりのレモンを使った爽やかな夏のドリンクと簡単シャーベットのご紹介です。

グリーンレモネードの材料(中グラス2杯分)

グリーンレモネードの材料(中グラス2杯分)

  • レモン 1~2個
  • ハチミツ 大さじ1~2
    (メープルシロップやアガベ、砂糖でも可)
  • 氷 1カップ
  • 水 1カップ
  • バジルの葉 5枚ほど
  • ミントの葉 10枚ほど

作り方

1

1、レモン果汁を搾る。

2

2、材料を全てブレンダーにかける。

3

3、グラスに注ぎ、ミントを飾っても爽やか。

レモンシャーベットの材料(4人分)

レモンシャーベットの材料(4人分)

  • レモン果汁 1/3カップ
  • ハチミツ 大さじ1~2杯
  • 氷 2カップ

作り方

1

1、材料を全てブレンダーにかける。
(ハチミツがねっとりして溶けにくい場合は、ブレンダーにレモン果汁とハチミツを先に入れてスプーン等で混ぜて溶かす)

2

2、氷を加え、一気にブレンダーで撹拌してシャーベット状にする。

3

3、器に盛りつけミント等を飾る。

残りはタッパー等に入れて冷凍庫で保存できます。スプーン等でかき出してお召し上がりください。また、レモン果汁を半分にし、冷凍のラズベリーを1/2カップ加えると、赤く綺麗なラズベリーシャーベットができ上がります。

ラズベリーシャーベットの材料
ラズベリーシャーベット

今回使用した道具のご紹介

今回使用した道具のご紹介

旅先で見つけた、ちょっと変わった形のレモン搾り器3種類。どれもデザインが面白く、とても使いやすいものです。オレンジ色のものは絞ると種がひっかかり、果汁だけが出てくるようになっています。白いものはテーブルにそのまま置いても様になるデザイン。グリーンのものは果汁出口にストッパーが付いていて、使い切れなかったレモンをそのまま保存できます。

  

プロフィール

横川二三代

横川二三代

「家族に還元できる習い事」「キレイで、美味しく、使える料理」 をモットーに、本当に楽しい料理教室としてハワイで人気の「Studio F」を開催。ハワイ産の食材を使ったハワイ発のレシピを発信中。教室は日本の雑誌でも取り上げられ日本からの旅行客やロコからの予約でいっぱい。


Studio F

その他のCOLUMN