やっぱりハワイロコ気分で楽園を満喫

大自然と一体になる隠れ家宿「MAKOA」の魅力… MAKOA Vol.1

POSTED ON
大自然と一体になる隠れ家宿「MAKOA」の魅力… MAKOA Vol.1

ハワイ島ヒロから車で40分、海岸線を走る道路から逸れて、車がやっと一台通れる細い山道を走ること約10分。ワイルドな砂利道に車のサスペンションが悲鳴をあげ、岩だらけの細い川を水しぶきをあげながら渡り、また、ひたすら走る ここはインディ・ジョーンズの世界か、はたまたトトロの森に迷い込んだか… 「こんなところに本当に宿が…?」という不安が頂点に達したころに、草原の中から突如姿を現す、MAKOA。

「…こんな所に、こんな所が…?」車を降りたスタッフが皆、息を呑む。

到着してまず目に飛び込んできたのは、まあるく水平線を描く真っ青な海、緑に囲まれて陽の光に輝くログハウス風のゲストハウスに、のんびりと日向ぼっこをするロバ。ゆるやかに流れる時間とほのぼのとした空気……そう、思わず「ただいま!」と叫んでしまいそうな、ふるさとのような場所だ。到着したとたんに、すっかりここに魅了されている自分に気づく。

…ふと我に返ると、寄ってきた3頭のロバに手足をベロベロなめられていた…

自然の中にひっそりとたたずみ、大自然と一体になるためのパワースポット、それが「MAKOA」だ。

MAKOAの魅力を動画で見る

真っ青な海と緑に囲まれて陽の光に輝くログハウス風のゲストハウス
のんびりと日向ぼっこをするロバ
フレンドリーなロバたちが寄ってくる

ひと味違う「本当のハワイ」を体験できる隠れ家宿

MAKOAは、一言でいうと「本当のハワイを体験できる隠れ家宿」とでも表現すればいいだろうか。

大自然に囲まれたロケーションの中、自家農園で採れた新鮮野菜を中心とした手料理、薪で焚く露天風呂など、一味違ったハワイ島での過ごし方を体験することができる。また、名物ガイドのKAIさんがコーディネートするさまざまなアクティビティーや、ハワイの文化や教えを通じて、現代人が忘れてしまった自然とのつきあい方を思い出させてくれる。

まさに、こころとカラダのリセットをしたい方にお勧めのプライベート空間だ。

そんな「MAKOA」のホストがこちらのお二人。

MAKOAの「ほっとする」魅力を作り出す、KAY(ケイ)さん

暖かで優しい笑顔に誰もが癒される、KAY(ケイ)さん

宿泊を受け持っているのはオーナーのKAYさん。 自然を愛し、暖かで優しい笑顔に誰もが癒される、愛あふれるハワイストだ。

「ただ在ること。自然の中で、自然と共に、ただ、今、この瞬間を生きる。」 そんな生活を求めてハワイ島にやってきたKAYさんにとって、ここは理想の生活の場であり、究極の癒しの場、なのだ。

残飯をコンポストにした自家農園で野菜を作り、雨水とソーラーシステムで毎日自然と向き合い、エコを実践している。 訪れる方の心をリセットする「ほっ。。」のお手伝いをするために、日々、愛を込めて、働かせていただいている、と語る笑顔に刻まれた皺は、どこまでも優しい。

MAKOAの「懐の深い」魅力を作り出す、KAI(カイ)さん

ネイティブ・ハワイアンのような名物ガイド、KAIさん

とてつもなく元気で、知識が驚くほど豊富で、面白くて、人の気持ちをくみ取り、心から皆さんと触れ合いたいと思っている。 自然に溶け込むのが上手で、まるでネイティブ・ハワイアンのような名物ガイド、KAIさん。

神奈川県の葉山出身で海と山をかけずりまわって育ち、青春時代は、小説家になろうとか、プロスキーヤーになろうかとか様々な夢を持ちつつも、 2005年に日本を飛び出しカリフォルニアでアメリカの歴史(主にネイティブ系の歴史)や心理学を学んだという、一風変わった経歴の持ち主。

得意分野はハワイ大学で学んだハワイの文化、歴史に加え、スキーやサーフィンで鍛えた運動能力と、お豆腐や豆乳アイスまで自分で作っちゃう凝り性と、 愛に溢れた人間性に加え、車のエコ走り(燃費よく走らせる事、天下一品!)などにもこだわる、地球に優しいエコ人間。

単なるツアーガイドではなく、「皆様と自然を結びつけるお手伝いをしたい」と本気で思い、それを使命だと思っている。なぜかみんな、自分の人生相談をしたくなっちゃうような、不思議な人だ。

「自然とのつながり、宇宙とのつながりを実感してほしい」がMAKOAの願い

MAKOAとは、コアというハワイ原産の木の名前に由来し、強さと優しさの両面を併せ持つ意味がある。 「ここで過ごすことで、自然、宇宙との繋がりを感じ、本来の生き方を取り戻すことによって、より強いもう一歩を踏み出していけるようになって欲しい」というKAYさん、KAIさんの想いが込められている。

多くの植物や鳥たちが集まる「コア(KOA)」の森は生命サイクルの象徴、だそうだ。「コアの森のように、皆様が集うことのできる癒しの場でありたい。 自然の中で本来の自分に戻って、自然とのつながりや宇宙とのつながりを感じ取ってもらいたい。」…と語るお二人の強い想いこそが、MAKOAの魅力の源泉なのだろう。

■バックナンバー

  

記事を探す