もっとハワイいつもとは違う楽しみかた

ハワイ土産の定番「コナ・コーヒー」の魅力に迫る!

POSTED ON
ハワイ土産の定番「コナ・コーヒー」の魅力に迫る!

世界三大コーヒーの一つ「コナ・コーヒー」基礎知識

d_ucc_2
焙煎前のコーヒー豆

ブルーマウンテン、キリマンジャロと並び世界三大コーヒーの一角をなす「コナ・コーヒー」。その名の通り、ハワイ島南西部のコナ地区でのみ栽培されるコーヒーで、その中でも「コナ・コーヒー」の名を掲げることが出来るのは品質が高く選び抜かれたものだけ。その生産量は世界のコーヒー生産量の中でわずか1%以下と希少価値の高いものなんです。苦味が少なく、柔らかな酸味と甘い香りが特徴で、ホワイトハウスの公式晩餐会では必ずコナ・コーヒーが提供されます。

アメリカでコーヒーを生産しているのはハワイ州だけ

コーヒーの消費量世界一のアメリカでコーヒーを生産しているのがハワイ州だけというのは意外と思う方もいらっしゃるかもしれません。そもそもコーヒーは雨量、日当たり、温度、土質の4つの生育条件を満たしていないと育たないとても難しい植物なんです。「雨量」は年間1800mm~2500mm。成長期に雨が多く、収穫期に乾燥していること。そしてコーヒーは日光を好む植物にもかかわらず、日当たりが強すぎると元気がなくなってしまいます。温度は、高からず低からず年平均20度という夏の避暑地のような過ごしやすい所であること。土質は肥沃で、水はけが良い事が重要、かつ少し酸性の土壌のほうがコーヒーにはいいようです。地球上でこれらの条件全てを満たしていて、コーヒー豆の栽培に適しているのが赤道を中心とした北緯・南緯それぞれ25度に囲まれた「コーヒーベルト」と呼ばれるエリア。このコーヒーベルト内に位置するハワイ島は火山帯特有の水はけが良くミネラルを多く含む土壌を持ち日中の温度差が大きく、コーヒーが生育するのに必要な条件を全て満たしています。

3_ucc_1
コナにあるUCCハワイのコーヒー農園
3_ucc_4
コーヒーの実

日本では入手困難な100%コナ・コーヒー

3_ucc_3
UCCハワイ農園で販売されている100%コナコーヒー

コナ・コーヒーは希少価値が高い為、日本で販売されているものはブレンドしたものが多く純度100%のコナ・コーヒーを入手するのは困難。ハワイのお店では純度100%のものだけを「コナ・コーヒー」。10%以上使用したものを「コナ・ブレンド」として販売しています。また、豆の品質によってもグレード分けされていて品質の高いものから「エクストラファンシー、ファンシー、No.1、セレクト、プライム」と5つの等級が付けられ、これらはハワイ州によって厳しく管理されています。

コナ・コーヒーと日本人の深い関わり

e_ucc_5

ハワイにコーヒーが伝わったのは1825年頃だと言われています。その頃の日本では多くの人々が働き口を求め、またあるものは裕福な暮らしを夢見て集団移民でハワイへと渡りました。そんな彼らを待っていたのは、さとうきび農園での過酷な労働でした。そんな中、持ち前の勤勉さで働き続けた日本人は、やがて大規模コーヒー農園主から、小さな土地を買ったり借りたりし、家族単位でコーヒー農場をはじめます。豆を一粒一粒手で収穫する丁寧な仕事はコーヒー産業の発展を支えていきました。20世紀初頭のコナのコーヒーはほとんど日系人によって栽培されていたのです。

UCC Hawaii Corporation
住所:75-5568 Mamalahoa Hwy.,Holualoa
TEL:808-322-3789
営業時間:9:00 – 16:30
定休日:サンクスギビング、クリスマス
ウェブサイト:ucc-hawaii.com/ja(日本語)

  

記事を探す