もっとハワイいつもとは違う楽しみかた

ハワイのコーヒーはコナコーヒーだけじゃない。今人気のオアフ島産コーヒーはこれ!

POSTED ON
ハワイのコーヒーはコナコーヒーだけじゃない。今人気のオアフ島産コーヒーはこれ!

アメリカでコーヒーを生産している州がどのくらいあるかご存知ですか?実は・・・全米広しといえど、商業ベースでコーヒーを生産しているのはハワイ州だけ!ハワイ産のコーヒーといえば、ハワイ島のコナコーヒーが世界的に有名ですが、今コーヒーマニアの間で人気急上昇中なのが、オアフ島のワイアルアコーヒーです。

今回ご紹介する「グリーン・ワールド・コーヒーファーム」は、かつてサトウキビ産業で栄えたノースショアのワイアルアに位置するコーヒー農園。新鮮で上質なワイアルアコーヒーが味わえるほか、コーヒー豆やコーヒー関連のおみやげを購入したり、コーヒーの木を目にすることもできるんです。

グリーン・ワールド・コーヒーファーム

H2ハイウェイからカメハメハ・ハイウェイを進んだところにある、カフェを併設した農園「グリーン・ワールド・コーヒーファーム」。カフェの後ろにはコーヒー農園があり、ワイキキでは味わうことができない独特の雰囲気を楽しむことができますよ。

店内に一歩足を踏み入れた途端、芳醇なコーヒーの香りに包まれて、身体も心もリラックス。やさしいグリーンの壁と数々のレトロなアートにも癒されます。ついつい長居してしまいそうな居心地のよい空間ですね。カフェの外にもテーブルが設置されているので、アウトドアでコーヒータイムを楽しみたいという方にもぴったりです。

コーヒーやペイストリーなどを楽しめるカフェ

店の奥には「グリーン・ワールド・コーヒーファーム」で焙煎されたオリジナルのコーヒー豆や、コーヒーに関連したおみやげなどが並んでいます。コーヒーの試飲コーナーでは、数種類のコーヒーを飲み比べることができますよ。

コーヒー試飲
コーヒーの試飲コーナーでお好みのコーヒーを見つけて
オリジナルグッズ
かわいいオリジナルグッズも販売

こちらは、カフェの裏側にあるコーヒーファーム。小さな農園ですが、その分愛情いっぱいに育てられたコーヒーは、一つ一つ手摘みで収穫されます。このファームは、カフェを訪れた人も自由に入れるようになっていて、農園ツアーも開催されています。

「グリーン・ワールド・コーヒーファーム」のこだわりは、なんといっても焙煎方法!フレッシュで香り豊かなコーヒーのヒミツは、コーヒー豆をうまくキャラメライジング(キャラメル化)することなのだとか。同じコーヒー豆でも焙煎次第で味が全く変わってしまうので、焙煎温度の研究を重ね、コーヒー豆が一番おいしくなるギリギリのところまで焙煎しています。当たり前のことのようですが、これがなかなか難しいのだそう。

焙煎機
オアフ島でも珍しい焙煎機を使用
グリーンさん
コーヒーをこよなく愛すオーナーのグリーンさん

この赤い実の種(豆)がコーヒー豆になるんです。この時点で実を食べると甘くてフルーティ。まだコーヒーの香りはしません。この豆の皮を剥いて焙煎することによって、私たちに馴染みのあるコーヒーに生まれ変わるのですね。

グリーンさんの畑で栽培されているコーヒーは風が強いハワイに適している「レッドカトゥアイ」

オアフ島の土壌は他島と比べても、とてもよく肥えていて、コーヒーの栽培に適しているのだそう。その証拠に、プランテーション時代には、コーヒーより多くの養分を必要とするサトウキビやパイナップルが収穫されていました。養分たっぷりの土壌で育てられたコーヒーは、糖度が高い良質なコーヒー豆になるのだとか。キャラメル化が味のヒミツというくらいですから、糖度の高いコーヒーがおいしくなるのも納得できますね。

コーヒー豆
皮を剥いたあとのコーヒー豆
コーヒー農園
養分たっぷりの土地で育つコーヒーの木

ハワイ島のコナコーヒーやカウコーヒーもいいけれど、次回のハワイ旅行では、養分たっぷりのオアフ島の土で育った「メイドオンオアフ」のコーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか?

店舗情報

グリーン・ワールド・コーヒーファーム

Green World Coffee Farm

  

記事を探す