もっとハワイいつもとは違う楽しみかた

ワイキキの喧騒から離れ、海を見ながら絶品シーフードを堪能

POSTED ON
ワイキキの喧騒から離れ、海を見ながら絶品シーフードを堪能

まわりを太平洋に囲まれた島国であるハワイは、新鮮なシーフードの宝庫。滞在中1度はハワイのシーフードを満喫したいもの。街にはさまざまなシーフードレストランがありますが、ちょっと足を延ばして、より新鮮な素材が手に入るピア38へ出かけてみましょう。

ワイキキからホノルル国際空港方面へ向かい、車で15分ほどの距離にあるフィッシングビレッジと呼ばれるここは、アメリカで唯一マグロのせりが行われる魚市場があり、早朝に魚が水揚げされると、日本と同じスタイルでせりがはじまります。有名シェフも自ら足を運ぶという、この活気に満ちたマーケットは誰でも見学可能。そのすぐ横には2軒のレストランがあり、これまた朝早くからオープン。とびっきり新鮮な食材で作るおいしいシーフード料理を目当てに、ロコや旅行者でいつもにぎわっています。

今回は、極上のシーフードをリーズナブルな価格で気軽に楽しめる「ニコス・ピア38」をご紹介しましょう。

2004年にオープンした「ニコス・ピア38」。当初は朝食とランチのみのテイクアウト中心のレストランでしたが、2012年に改装され、それまでの倍の広さになってからは、ディナーもスタート。

オープンエアの店内には、いつも心地よい風が吹き抜け、夜にはハワイアンミュージックのライブ(水曜&金~日曜)も楽しめるなど、料理だけでなく雰囲気も抜群。ぜひ足を運びたいレストランのひとつになっています。

開放的なテラス席もあって、南国気分を存分に楽しむことができますよ。

数あるシーフードメニューの中から、おすすめするのは次の4品。スタートは、カニの風味とプラムビネグレットソースがマッチした「クラブケーキサラダ」。からりと揚げられたクラブケーキは、それだけでも食べ応えのある一品です。

クラブケーキサラダ($12.95)

そしてメインには、プロの目で競り落としたマグロを使った「フリカケパンシアードアヒ」を。和風テイストのフリカケをまぶしたアヒ(マグロ)は、ここのシグネチャーといえるほどの名物。焼き加減もレアからウェルダンまで選べるので、まずはミディアムレアで新鮮なアヒを味わってみてはいかが?

フリカケパンシアードアヒ($12.95)

そしてハーフポンドのエビが堪能できる「ガーリックペストシュリンプ」は、エビ好きな日本人も大満足!ガーリックとともに、ほんのり白ワインが香るプリプリのエビは、優しい味が魅力です。

ガーリックペストシュリンプ($13)

オーダーしてから焼き上げる12インチ(約30センチ)のピザも、ここで食べたいメニューのひとつ。「ピア38ピザ」は、グリルした魚の切り身とフェタチーズ、オリーブ、トマトバジルソースをトッピング。ほかでは味わえないユニークなピザです。

ピア38ピザ($17)

レストランの隣には「ニコス・フィッシュマーケット」が併設されていて、魚の切り身やポケなどを販売しているので、帰りに立ち寄るのをお忘れなく!

おなじみのアヒポケは、しょうゆ、スパイシー、リム(海草)、オニオンなどのセレクションがあるほか、エビ、カニ、タコや貝などのシーフード惣菜も多数。ポケボウルやハワイアンプレートなどをテイクアウトすることもできます。

ショーケースの中には、新鮮な魚がずらり。コンドミニアムやキッチン付きのホテルに滞在している方は、ぜひここで魚を買って調理してみては?ハワイ近海で獲れた魚のおいしさに感激すること間違いなしですよ!

シーフードパラダイスのハワイに来たら、フレッシュな獲れたてシーフード料理を思う存分味わってくださいね。

■ハワイで食べたい!新鮮シーフード特集

店舗情報

ニコス・ピア38

Nico's Pier 38

  • 住所 1129 North Nimitz Highway, Honolulu
  • TEL 808-540-1377
  • 営業時間 月~土曜
    06:30~10:00(朝食)
    16:00~18:00(ハッピーアワー)

    毎日
    10:00~16:00(昼食)
    17:00~21:00(夕食)
  • 定休日 無休
  • URL http://nicospier38.com/
  • 備考
  

記事を探す