はじめてのハワイココはおさえておきたい

生まれ変わった「トップオブワイキキ」で極上のひとときを満喫

POSTED ON
生まれ変わった「トップオブワイキキ」で極上のひとときを満喫

今年で50周年を迎える「トップオブワイキキ」は、ハワイ唯一の回転式展望レストラン。この夏、店内のリノベーションを経てメニューも一新。よりモダンでスタイリッシュなレストランに生まれ変わりました。

先日オープンしたばかりの「スカイワイキキ」と同じ、ワイキキビジネスプラザ内に位置するので、新たなワイキキのナイトスポットとして、今後注目が集まること間違いなしですよ。

こちらは、レストランの中央に位置するバーエリア。バックウォールやカウンター、ライティングなど、すべてが最新のデザインでとってもオシャレ。毎日午後4時30分から6時30分までは、ハッピーアワー価格でドリンクやププが楽しめるので、ワイキキでのショッピングの途中に立ち寄ってみるのもいいかも。

もちろん、テーブルやチェア、カーペットなどのインテリアも全て新しいもの。

唯一変わらないのが、この景色!エメラルドブルーの海、ピンクパレス、ダイヤモンドヘッド、そしてホノルルの街並みを21階の高さから見渡すことができます。

トップオブワイキキのミクソロジスト、ジェニファー・アックリル氏がクリエイトしたオリジナルカクテルを味わいながら、眼下に広がるパノラマの景色を楽しめるなんて最高の贅沢!

ミクソロジストのジェニファー・アックリル氏

こちらは、レストランの名前がついたカクテル「トップオブワイキキ」。レシピにアレンジを加えて、よりフルーティでトロピカルなフレーバーになりました。アルコールの味が苦手という方におすすめしたいドリンクです。

トップオブワイキキ

それでは、エグゼクティブシェフのランス・コサカ氏が生み出した新メニューの数々をご紹介していきましょう。

エグゼクティブシェフのランス・コサカ氏

アペタイザー

一品目のアペタイザーは「ダックピザ」。カリカリに揚げたワンタン風の生地に、クリーミーなワカモレとダックをトッピング。柔らかくジューシーなダックと甘辛いソースの相性が絶妙です。

ダックピザ

大ぶりのエビにガーリックパン粉をまぶして、香ばしく焼き上げた「ガーリックシュリンプ」。レリッシュ代わりにお漬物が使われていて、とってもユニーク。和と洋が融合したハワイらしい一品は、人気ナンバーワンのアペタイザーなのだそう。

ガーリックシュリンプ

タロイモ、ゴートチーズ、タコサワークリーム、レタス、トマト、チェダーチーズが6層になった「シックスレイヤーディップ」は、カリカリのクロスティーニと一緒に召し上がれ。一口でいろんな味が楽しめるので、欲張りさんも満足すること間違いなし。

シックスレイヤーディップ

サラダ

大きくカットされたアボカド、ビーツ、トマトに、ゴートチーズのふんわりコロッケをのせた「ビーツ、アボカド&ゴートチーズサラダ」は、まるでお花畑のよう。食べるのがもったいなくなるような美しいサラダです。

ビーツ、アボカド&ゴートチーズサラダ

一見、通常のサラダかと思いきや、枝豆やイミテーションクラブなどが入った具だくさんの「チョップドサラダ」。ちょっぴり甘いクリーミービネグレットドレッシングもナイスアクセント。満足度の高いボリューミーなサラダでした。

チョップドサラダ

アントレ

両手で抱えるほどの大きなプレートに、ステーキ、シーフード、お野菜がのった究極のサーフ&ターフ(海の幸&山の幸)がこちら。ドーン!という効果音が聞こえてきそうなダイナミックなアントレは2人前ですが、日本人なら3~4人でシェアしても十分な量。

オーバーザトップ サーフ&ターフ フォートゥー

22オンス(約624グラム)の特大ポーターハウスステーキは、ジューシーで柔らかく文句なしのお味。ニューヨークステーキとフィレミニオンの2種類の部位が楽しめる、ミートラバーにはたまらないステーキです。

プリプリのロブスターテールが2尾、ジャンボクラブレッグが2本も入って、シーフードラバーもハッピー。にんじんやアスパラガスなどのローストベジタブルも含まれるので、これ一品でアペタイザー、付け合せ、アントレのコースミールが楽しめちゃいますよ。

大きなボウルに入ったローストポテトまで付いているので、お腹をすかせてオーダーしてくださいね。

口の中で溶けてしまうほど柔らかい地鶏を、2種類の味付けで楽しめる「ジドリチキン トゥーウェイズ」。マスカルポーネ、ベーコン、ほうれん草で包まれた胸肉と、モモ肉のコッコーヴァン(赤ワイン煮込み料理)は両方ともデリシャス。

ジドリチキン トゥーウェイズ

ハワイストWEBのお気に入りが、こちらの「ママズ ニューヨークステーキ」。レモンとチリペッパーのピリ辛ソースで味付けされたニューヨークステーキは、シェフ・コサカ氏のお母様のレシピなのだとか。リッチなステーキとレモンの爽やかな酸味が食欲をそそる絶品ステーキはマストトライ!

ママズ ニューヨークステーキ

新鮮なマグロにパン粉とベーコンをのせて焼き上げた「パンコ&ベーコン クラステッドアヒ」。外はカリカリ、中はふっくらジューシーで、魚嫌いのキッズもよろこんで食べてくれそうなおいしさ。ジャーマンポテト風のポテトサラダやトマトレリッシュも添えられて、いろんな味が楽しめます。

パンコ&ベーコン クラステッドアヒ

デザート

どんなにお腹がいっぱいでも、オーダーしたいのがデザート。こちらは、ケーキ、チョコレート、ジェラートの3大スイーツが一度に楽しめる「モルテンチョコレート バターケーキ」。濃厚なバターケーキの中には、チョコレートガナッシュがたっぷり詰まっています。

モルテンチョコレート バターケーキ

ココナッツ味のハウピアクリームを焼きたてのシューで挟んだ「ハウピアクリームパフ」は、ダークチョコレートソースと一緒に召し上がれ。

ハウピアクリームパフ

純白のメレンゲに繊細な模様を描き、焼き色をつけた「ベイクドアラスカ」は、なんともエレガントなルックス。

ベイクドアラスカ

ベイクドアラスカにナイフを入れると・・・ケーキ、アイスクリーム、シャーベットの3層になっています。外見も中身も美しい、トップオブワイキキ自慢のデザートは、月ごとにアイスクリームのフレーバーが変わります。

店内のインテリア、フードメニュー、ドリンク、デザート、すべてをリニューアルし、生まれ変わった「トップオブワイキキ」で、極上のひとときをお過ごしください。

店舗情報

トップオブワイキキ

Top of Waikiki

  • 住所 2270 Kalakaua Ave., Honolulu
  • TEL 808-923-3877
  • 営業時間 16:30-21:30
  • 定休日 無休
  • URL http://topofwaikiki.com/
  • 備考 ワイキキ・ビジネス・プラザ21階
  

記事を探す