はじめてのハワイココはおさえておきたい

このポケはここでしか味わえない!ロコご用達の「オノ・シーフード」

POSTED ON
このポケはここでしか味わえない!ロコご用達の「オノ・シーフード」

まぐろの切り身をごま油、塩、醤油、海藻などであえたアヒポケはハワイの伝統料理のひとつ。現在はハワイに留まらず、全米あるいは全世界に広がるほどのトレンドフードとなっています。ハワイに数多くあるポケショップの中でもローカルが太鼓判を押す人気店といえば、カパフル通り沿いにある「オノ・シーフード」。

1995年にご両親がオープンした店を引き継いだのが、現在のオーナーのキムさん。人気の秘密は彼女のみぞ知る秘伝のソース。確実に「ほかの店とは一味違う」と実感できる魔法のポケは一度食べたら虜になること間違いなし!

オーナーが「私が倒れたら、仕込みができなくてみんな困っちゃうかも」というほどのポケは、ちょっぴりクセのあるしっかりとした味付けが特徴。もちろんまぐろは冷凍物ではないフレッシュアヒを使用しています。

ポケだけを購入することもできますが、ここの人気メニューはやっぱり「ポケ丼」!まずはレギュラー(約150gのポケ)もしくはラージ(約226gのポケ)からサイズを選び、白米・玄米のどちらかをチョイス、あとはお好みのポケを選ぶだけ。

ポケの種類は「醤油アヒ」「醤油タコ」「ハワイアンスタイルアヒ」「ハワイアンスタイルタコ」「味噌アヒ」「味噌タコ」「スパイシーアヒ」「わさびアヒ」の8種類。プラス50セントでポケ2種類のコンボにすることもできます。

ポケ丼にはドリンクが付くので、店の奥にある冷蔵庫からボトルウォーター、ソーダ、ジュースのいずれかを取ってくださいね。(ココナッツウォーターとアリゾナアイスティーは1ドル増し)

スパイシーアヒ丼

スパイシーアヒ丼($8.50)

大きめにカットされたまぐろとプチプチのトビコ、そして秘伝のソースが絡まったスパイシーアヒは、ほかの店では味わったことのない深みのある味。

なめらかなまぐろにクリーミーなソースが加わってマイルドな口当たりと思いきや、後になってジンジャーとオニオンのピリピリ感がじんわり口の中に広がります。辛いもの好きにはたまりません!

ハワイアンスタイルタコポケ丼

ハワイアンスタイルタコポケ丼($8.50)

レギュラーサイズなのに、このボリューム!タコがこんもりと盛られたハワイアンスタイルのタコポケ丼はシャキシャキのリム(海藻)と香ばしいククイナッツが味と食感の決め手。

厚くスライスしたタコにシーソルトとごま油、チリペッパーを絡めたハワイアンスタイル。塩ベースの味付けだからタコの鮮度と旨味を存分に楽しむことができます。単品でオーダーしてビールやワインのおつまみに持ち帰ってもいいかも。

醤油アヒ&味噌タコのコンボ丼

醤油アヒ&味噌タコのコンボ丼($9)

いろんな味が楽しめると1番人気のコンボ丼。新鮮なまぐろにチリペッパー、オゴ(海藻)、ククイナッツ、オニオンをミックスした醤油ポケは、醤油とごま油の芳醇な香りが楽しめる定番のポケです。チリペッパーが効いているのでピリ辛。

味噌タコは秘伝の醤油ソースと味噌のコンビネーションが絶妙。この激うまソースがご飯に染み込んで最高においしい~!

スーパーマーケットのポケ売り場では見ることのない、生カニのポケもありました。珍しいアイテムを購入できるのもポケ専門店ならではの醍醐味です。

まぐろやかじきのジャーキー、タコやイカの燻製、ドライシュリンプなどの加工品もこの通り。こういう「おつまみ系」のスナックに目がない私、見ているだけでも幸せになっちゃいました。

そのほかロミロミサーモンや海草サラダ、お漬物などもありましたよ。

魅力たっぷりの「オノ・シーフード」ですが、かなり見過ごしやすい場所にあるので初めて訪れる人はご注意を。カパフル通り沿いの広い駐車場の奥にあって、普通のアパートに見えるうえ、店の前に車が停まっていると、さらに通りからは見えなくなるんです。

それでも、たくさんの人がひっきりなしにやってくるのはおいしいポケを食べたい一心!店の外にテーブル席もありますが、ホテルに持ち帰ったり、ビーチや公園で食べるのもおすすめです。ワイキキから足を延ばす価値がありますよ。

絶対食べたい!ハワイのローカルグルメ特集

オノ・シーフード(Ono Seafood)
747 Kapahulu Ave., #4 Honolulu
(808)732-4806
9:00~18:00(月、水~土曜)、10:00~15:00(日曜)、火曜定休

予算で選べる!お得で便利なグルメクーポン
  

記事を探す