はじめてのハワイココはおさえておきたい

スタイリッシュなルーフトップラウンジ「スカイワイキキ」に秋限定のカクテルが登場

POSTED ON
スタイリッシュなルーフトップラウンジ「スカイワイキキ」に秋限定のカクテルが登場

人気のソーシャルスポット「スカイワイキキ」から、秋限定のシグネチャーカクテルコレクションが発表されました。

地上19階からの絶景を見渡すルーフトップレストラン&ラウンジでは、日中は青い空とエメラルドブルーの海・・・

夜間はゴージャスなワイキキのシティーライトを眺めながら、カクテルやププを堪能することができます。

今回発表された『リキッドアイテネラリー』は専属ミクソロジスト、ジェニファー・アクリル氏の創作によるもので、オアフ島の8つの観光スポットを時系列に並べたアイテネラリー(旅程表)のようなカクテルコレクションなんです。

6:00AM サンライズ・アット・ココヘッド

カクテルジャーニーの旅程表は午前6時のココヘッドからスタート。真っ赤なサンライズをイメージしたカクテルはワインをベースに、グアバとライムをブレンドした爽やかな味。フルーティーだけど甘すぎないのがいい!

8:00AM レース・トゥ・ザ・トップ・オブ・ザ・ピル・ボックス

ココヘッドからカウアイに向かい、人気のハイキングスポット「ピルボックス」へ。グレープ蒸留酒のピスコとアロエリキュールに、キャロットジュースやきゅうりをミックスし、砂糖の代わりにアガヴェシロップを使ったヘルシーなカクテルです。

10:00AM コーヒー・アット・ザ・オールドシュガーミル

次のデスティネーションはノースショアの手前に位置するワイアルア。コーヒー農園があるところです。バーボンにプランテーションパイナップルラム、コーヒーをブレンドした、アルコールガッツリ系のカクテルでした。

2:30PM ラストツアー・アット・ザ・マヌレレ・ディスティラー

オアフ島の中央にあるラム醸造所「マヌレレ・ディスティラー」の見学ツアーにインスパイアされたカクテル。コハナラムとバナナリキュール、グレープフルーツオイル、ライムをミックスした、フルーティー&シトラシーな味わいが特徴です。

3:00PM ミアンダー・アット・ビショップミュージアム

ジンのピリリとした刺激的な口当たりが特徴で、アルコール度もけっこう高め。ビショップ博物館のような、存在感があるカクテルでした。

5:00PM サンセット・アット・スカイワイキキ

午後5時にはスカイワイキキに戻って、サンセットのようなカクテルで乾杯。お花の香りがするウォッカとチェリーリキュールに、グレープフルーツとライムをプラスした軽くて飲みやすい一杯でした。ミックスすると色が変わるので、ぜひ試してみて!

6:00PM イッツ・ザ・マジック・オブ・ポリネシア

ハイビスカスココナッツラムとパイナップルジュースをブレンドしたこちらは、ポリネシアの熱帯夜を連想させる甘く薫り高いカクテル。

9:00PM ドリンクス・アット・アンコールサルーン

最後のデスティネーションはダウンタウンのメキシカンバー「アンコールサルーン」。テキーラベースのスモーキーな1杯でカクテルジャーニーの終焉を迎えます。

観光スポット、レストランやお店など、オアフ島の名所にちなんだカクテルを揃えた『リキッドアイテネラリー』。ワイキキにいながら島内観光気分を楽しめました。時間順にオーダーしてもいいし、好きなカクテルだけをオーダーすることも可能ですよ。

ノンアルコールカクテルも

さらに、未成年でも楽しめるノンアルコールのカクテルソーダも仲間入り。リリコイ、レモン、コーヒー入りの「タイムゾーン・テイマー」、キウイ、ハラペーニョ、ライム入りの「コート・ナッピング・オン・ザ・ビーチ」、キャロット、オレンジ、レモン、ジンジャー入りの「ランニング・ザ・マラソン」の3種類があります。

スカイワイキキでスタイリッシュなカクテルタイムをご堪能あれ。

スカイワイキキ(SKY WAIKIKI)
ワイキキビジネスプラザ19階
2270 Kalakaua Ave., #1800 Honolulu
(808)979-7590
17:00~23:00(日・水・木曜)、17:00~02:00(金・土曜)
www.skywaikiki.com

  

記事を探す