はじめてのハワイココはおさえておきたい

セレブ気分を楽しめる「フィフティスリー バイ・ザ・シー」で極上のディナーを

POSTED ON
セレブ気分を楽しめる「フィフティスリー バイ・ザ・シー」で極上のディナーを

お料理、サービス、インテリア、景色と、すべてにおいて最上級を極める「フィフティスリー バイ・ザ・シー」で、心に残るとっておきのディナーを楽しんでみませんか?

カカアコのオーシャンフロントに位置する「フィフティスリー バイ・ザ・シー」は、ハワイのファインダイニングを代表するレストランのひとつ。2012年のオープン以来、多くのファンを魅了し続けています。

エントランスドアを開けると、思わずため息がもれてしまうほど優雅な空間がお出迎え。お城のようなホワイエと煌びやかなシャンデリアが非日常の世界へと誘ってくれます。

ダイヤモンドヘッドとワイキキを一望するダイニングルームも夢のような美しさ。この空間の中にいるだけで、セレブ気分に浸ることができます。

さて、今回ご紹介するのはアペタイザーからデザートまでのコース料理が楽しめるグルメクーポン。チップやタックスはもちろん、予約代行も含まれているので、とっても便利でお得なんですよ。

最初にサーブされるのは「シェフ特製アミューズ 一口の至福」。フィフティスリー バイ・ザ・シーならではのエレガントなプレゼンテーションに、またまたため息が。

ラディッシュのみずみずしさがスモークサーモンとキャビアの味を口の中に広げてくれる、繊細ながらもしっかりとした食べ応えのあるアミューズでした。

アペタイザーは近海で獲れたマグロとブロッコリーをタワーのように組み立てた「アヒポケ 53スタイル」。

滑らかな口当たりと弾力のある食感がたまらない新鮮な赤身は、日本のスーパーによくある冷凍マグロとは別物です。わさびがピリっと効いたソースとの相性も抜群。

次のコースは「クラブチャウダー」。コクのあるチャウダーにカニの旨みが溶け込んだ、なんとも贅沢なスープです。

こんなに大きなカニ身もトッピングされていて幸せ~。ハワイのレストランではあまり見ないクラブチャウダー、一滴も残さずいただきました。

お待ちかねのメインディッシュは、お肉とシーフードの両方を楽しめる「新鮮なお魚のソテーと黒毛アンガス牛のステーキ」。

プライムビーフのフィレステーキは口の中でとろけるほど柔らか。芳醇な赤ワインのソースで召し上がれ。

シーフード料理は毎日入荷される新鮮な魚を使用。当日のスペシャルはモンチョンのソテーでした。上品な白身にマカダミアナッツと焦がしバターのソースが合うこと!

ラストコースの「パティシエ特製デザート」は、完熟マンゴーのスライスを花びらに見立てたフラワーケーキとシトラスアイスクリーム。コーヒーもしくは紅茶と一緒にどうぞ。

お食事の味はもちろんのこと、刻一刻と表情を変える空の色も感動的。

自分へのご褒美、ハワイ旅行の記念やアニバーサリーにもぴったりな「フィフティスリー バイ・ザ・シー」で、極上のディナータイムをご堪能あれ。

チップとタックスが含まれた便利なグルメクーポンはいかが?

JTBハワイでは、今回ご紹介した「フィフティスリー バイ・ザ・シー」のグルメクーポンを販売しています。チップとタックスが含まれているのでとても便利ですよ!

フィフティスリー バイ・ザ・シー Aメニュー($132~)

メニュー:シェフ特製アミューズ、アヒポケ53スタイル、ロブスタークリームビスク、新鮮なお魚のソテーと黒毛アンガス牛のステーキ、パティシエ特製デザート、コーヒーまたは紅茶
詳細はこちらから>>

53 バイ・ザ・シー Aメニュー(イメージ)

フィフティスリー バイ・ザ・シー Bメニュー($186~)

メニュー:シーフードプラッター6種盛り合わせ、コナあわびのリゾット、フォアグラのソテー、ロブスターのグリル、黒毛アンガス牛のステーキ、パティシエ特製デザート、コーヒーまたは紅茶
詳細はこちらから>>

53 バイ・ザ・シー Bメニュー(イメージ)

※メニューの内容や価格は、2017年10月のものです。予告なく変更される場合があります。

眺めのいいレストラン特集

店舗情報

フィフティスリー バイ・ザ・シー

53 By The Sea

  • 住所 53 Ahui St., Honolulu
  • TEL 808-536-5353
  • 営業時間 11:00~14:00(ランチ)
    17:00~22:00(ディナー)
    16:00~18:30(ハッピーアワー)
    16:00~24:00(バー)
  • 定休日 無休
  • URL http://53bythesea.com/
  • 備考
  

記事を探す