はじめてのハワイココはおさえておきたい

2017年度の人気記事TOP15を発表!

POSTED ON
2017年度の人気記事TOP15を発表!

あけましておめでとうございます。今年も引き続きハワイの最新情報を発信していきますので、2018年もハワイストをどうぞよろしくお願いいたします!さて、本日は2017年にもっとも読まれた人気記事TOP15を、第1位から発表いたします。

第1位:ケンズ・キッチン

個人的にも大好きで”本当は教えたくない”系のシュリンプトラック「ケンズ・キッチン」。もうガーリックシュリンプのためだけにノースショアに行く必要はないかもってくらいおいしいんですよ~。

第2位:ステーキシャック

ワイキキビーチの目の前で10ドル以下のステーキプレートをいただける「ステーキシャック」。ルックスはステーキというより”お肉炒め”といった感じですが、値段、ボリューム、味において文句なし!

第3位:ハイステーキ

ヘタなレストランよりおいしいステーキを10ドル前後で楽しめるとあって、私も毎月通っている「ハイステーキ」。ロコモコやバーガー、ガーリックシュリンプ、チキンなどもありますよ。

第4位:バーガーズ&シングス

スウェーデンのテレビ番組『World’s Best Burger』で、世界一のバーガーに選ばれた「バーガーズ&シングス」。和牛、鹿、ラムのバーガーもあって、それぞれトッピングにこだわっているのも人気の理由。ワイキキから足を延ばす価値、大ありです!

第5位:レスポートサック

今年3月、人気のバッグブランド「レスポートサック」から発表されたコレクション『ハウオリ』。春らしいやさしいカラーが特徴です。

第6位:トラベルプラザ

メイドインハワイのコスメや雑貨、スイーツ、コーヒー、ノースショア産の焼酎”波花”など、バラエティー豊かなアイテムをそろえた「トラベルプラザ」。ワイキキの真ん中にあるので、おみやげ探しにもぴったりのお店です。

第7位:バナン

今年6月にハワイ3店舗目となるワイキキ店をオープンした「バナン」。バナナを使ったヘルシーなアイスクリームだから、罪悪感なく食べられるのがいいですよね。

第8位:ミコモリ

人気スタイリストの安西こずえさんがデザインを手がける大人のリゾートウェアブランド「mikomori(ミコモリ)」。トレンドに敏感なハワイ好きのモデルや女優さん、SNSインフルエンサーたちの間で、オープン前から噂になっていたお店です。

第9位:カカアコ・キッチン

なにを食べてもおいしいと評判の「カカアコ・キッチン」。通常のプレートランチよりワンランク、いえ、スリーランクくらい上のローカルグルメを楽しむことができます。

第10位:ジョバンニ・パストラミ

ガッツリ肉食派からヘルシー志向のベジタリアン、ローカルフード愛好家、スイーツラバーからピザジャンキーまで、みんなが満足できる料理をそろえた「ジョバンニ・パストラミ」。ここのガーリックシュリンプもおすすめです。

第11位:B級グルメプレートランチ特集

ハワイの老舗プレートランチ店といえば、レインボードライブインとL&L! 両店の人気メニューと魅力は「B級グルメプレートランチ特集」をチェックしてください。

第12位:ビルズ

ステーキやシュリンプパスタなどのメインディッシュ、アペタイザー、デザート、ドリンクを、チップと税金込みで56ドルでいただける超お得なグルメプランが「ビルズ」に登場。人気のリコッタパンケーキをデザートに選ぶこともできるんですよ。

第13位:ザ・ストリート

バーガー、バーベキュー、ピザ、ポケ、ラーメン、スイーツなど全12店のグルメステーションが集結した「ザ・ストリート」。各ステーションのサンプルサイズメニューから好きなものを選べる「パーティーパス」もお見逃しなく。

第14位:ルースズ・クリス・ステーキハウス

あの人気番組で紹介されてから、今もなお衰えることのない人気を誇る「ルースズ・クリス・ステーキハウス」のトマホークステーキ。一度食べたら虜になるおいしさなので要注意です(笑)。

第15位:ヤウアチャ

私個人の”2017年のベストレストランTOP20”にランクインする「ヤウアチャ」。飲茶はもちろんのこと、新鮮なハワイ産の食材をふんだんに使用した料理は感動的なおいしさ。中でもコナカンパチは絶品なので、ぜひトライしてみてください。

いかがでしたか?2017年の人気記事。やっぱり食べ物系の記事が多くランクインしましたね。今年も新しいレストランやショップが次々とオープンする予定なので、逐一ご紹介していきますね!

  

記事を探す