はじめてのハワイココはおさえておきたい

セスナのナイトフライトでハワイの夜景を独り占め!

POSTED ON
セスナのナイトフライトでハワイの夜景を独り占め!

ハワイでやりたいことのひとつといえば夜景観賞。タンタラスやクルーズなど、いろいろなオプションがありますが、究極の夜景観賞を楽しみたい方におすすめしたいのが、上空からホノルルのシティーライトを堪能できる「セスナナイトフライト」!

ツアーを催行するのは「111-HAWAII AWARD」の中間発表において、オプショナルツアー&アクティビティーカテゴリーでトップ3にランクインした『ワシンエア』。ワイキキからの往復送迎がついた便利なツアーが旅行者から高い評価を得ているのです。

1997年の創業以来、20年にわたって57,000回以上のフライト実績を持っているというのも、安心ポイントのひとつです。

待合室の壁一面には有名人のスナップ写真がずらり。実績と信頼があるからこそ、多くの人に愛され続けているのでしょうね。

さて、そろそろ出発の時間。ハンガーと呼ばれる航空機格納庫に向かいます。普段見慣れている空港や飛行機とはまた違った迫力があって、搭乗前から気分が盛り上がります。

ワシンエアのセスナは2種類あり、こちらは「双発機 パイパーアズテック(PA23-250)」。最高出力250馬力、最高速度175ノット、参加者5名乗りの機体です。

今回私たちが搭乗したのは、最高出力180馬力、最高速度125ノット、参加者3名乗りの「単発機 パイパーアーチャーII(PA28-181)」。

コックピットも本格的、というか正真正銘の本物ですよね(笑)。もう見るものすべてがかっこよくて、「すごーい!」を連発しちゃいました。

機内に乗り込んだらヘッドセットとシートベルトを着用して準備万端!このヘッドセットを通してパイロットからの説明や案内が聞こえるようになっています。また、航空管制官とのやりとりも聞こえて、まるで映画のワンシーンに入り込んだような気分に。

それではいよいよテイクオフ!まずは夕暮れに染まりつつあるホノルル中心部へと向かいます。

みるみるうちに街が小さくなり、約600メートルの高度まで上昇。通常の飛行機に比べて窓が大きいので、目下に広がる夜景を存分に堪能することができるんですよ。

ダウンタウンやカカアコを経由してダイヤモンドヘッドへ。美しい尾根とクレーターはまさに絶景そのもの。写真だとうまく伝えきれないのですが、肉眼だとくっきり見えます。

こちらは日中のセスナツアーで撮影したダイヤモンドヘッド。昼と夜でまったく別の顔を見せてくれる魅惑の山です。

輝く街の灯りの中で際立つダイヤモンドヘッドのシルエット。オレンジ色が残る空をバックにした、なんとも幻想的な光景です。

刻一刻と色を変えていく空にうっとり。手を伸ばせば雲に届くようなこの感じはセスナならではの醍醐味です。

地上からは決して見ることのできない夜景を満喫した後は、宝石のように煌く車のライトや街の灯りを眺めながら空港へと戻ります。

肉眼で見る夜景は写真の何倍、いえ、何十倍も綺麗。この感動をみなさんにもシェアしたい!!

飛行中、天候の影響などにより機体が揺れることはありますが、経験豊富な日本人パイロットの見事な操縦技術による万全のサポートがあったので、テイクオフからランディングまで安心してツアーを楽しむことができました。

大切な方との記念日、家族との思い出作り、または自分へのご褒美に、至福の空中散歩を体験してみませんか?忘れられない思い出となることでしょう。

便利な送迎付きツアーのご予約はこちらから!

セスナ・ナイト・フライト

セスナツアーはそのほか、以下4通りのルートを展開しています。

■オアフ島の必見スポットを網羅するセスナ・コオリナ・フライト
■オアフ島を一周する「セスナ・サークル・アイランド・フライト
■美しいサンゴ礁を上空から観察する「セスナ・ハナウマ・フライト
■ワイキキやダイヤモンドヘッドを巡る「セスナ・ワイキキ・フライト

  

記事を探す