はじめてのハワイココはおさえておきたい

新感覚のコンフォートフードが楽しめる「レストランXO」

POSTED ON
新感覚のコンフォートフードが楽しめる「レストランXO」

今年6月、カイムキにオープンした「レストランXO」は新感覚のコンフォートフードが楽しめると、食通の地元民たちの間でも注目を集めているお店。

香港発祥の人気ソース「XO醤」が店名の由来となったこのレストランが提供するのは、中華の要素に多様な異文化テイストを融合したフュージョンキュイジーヌ。

ダウンタウンでもっとも予約が取りにくいレストランとして知られる「セニア」で腕を磨いたケニー・リー氏とアレイナ・チュン氏が、今ここから感動の料理を届けています。

重厚な外観に反して、店内は明るく開放的。Tシャツにビーチサンダルというカジュアルな服装で訪れるロコもいたりして、かしこまりすぎないハワイらしい雰囲気がいい感じ。

スタイリッシュなバーもあり、ビールやワイン、ウイスキー、コニャック、ジン、ウォッカなどアルコールの種類も充実しているので、大人の時間を楽しむこともできます。

Loaded Potato Au Gratin

ローデッドポテトグラタン($16)

ハワイストおすすめのアペタイザーは、サワークリーム、ハラペーニョ、ベーコンビッツがトッピングされたアメリカのベイクドポテトと、フランスのグラタンを融合した「ローデッドポテトグラタン」。チーズの焦げ目がおいしそうを超えて、もはや神々しい…

ミルフィーユのように美しく重ねられたポテトの周りにはパルメザン、モッツァレラ、プロヴォローネをブレンドしたチーズの羽が。カリカリ&ホクホクのポテトと香ばしいチーズがお互いを引き立てあう、ヘブンリーな一品でした。

XO Scallops

XOスキャロップ($27)

赤いソースは自家製のXOソース、緑はほうれん草のピュレ、黄色はレモンジェルと、色も味わいも豊かな「XOスキャロップ」がこちら。

ソテーされた大きなホタテの表面はかりっ、中はお刺身みたいになめらか。赤、緑、黄色のソースと一緒にいただけば、口の中でおいしさが爆発します。

Adobo Fried Chicken

アドボフライドチキン($21)

このお店の定番メニューといっても過言ではない「アドボフライドチキン」は、みんなでシェアできるファミリースタイルのプレゼンテーション。

バターミルクを使ってからりと揚げたチキンは超ジューシー。フィリピンの酸っぱいアドボソースにバターを加えた”魔法のタレ”につけて食べると、おいしさが2倍、いえ3倍に膨れ上がります。

粒胡椒をプラスすれば、さらに刺激的な味に変化。濃厚なんだけどお酢のさっぱり感が絶妙なアクセントになっていて、あっという間に平らげちゃいました。みんなでシェアできると書きましたが、これは独り占めしたくなるおいしさです(笑)。

Wok Vegetables

ウォックベジタブル($7)

サイドメニューにぴったりなのは歯ごたえがしっかりと残った「ウォックベジタブル」。オニオン、レッドペッパー、グリーンビーンズ、イエロースクワッシュが見た目に鮮やかです。

この野菜炒めにもお店オリジナルのXOソースが使われていて、かなりのピリ辛度にビールが進みます。家庭ではなかなか再現できないレストランの味を堪能できました。

斬新な料理は食べたことのない味わいで感動モノ、リーズナブルな値段設定も魅力の「レストランXO」。カイムキのワイアラエ通り沿いに位置し、斜め前には「タウン」、隣のブロックには「マッドヘンウォーター」や「カイムキ・スパレット」があります。また一軒、ワイキキから足を延ばしたくなるレストランが増えました!

カイムキ&カパフルの気になるレストラン

XO Restaurant(XOレストラン)
3434 Waialae Ave., Honolulu
(808)732-3838
17:00~21:30 ※日曜定休
https://www.facebook.com/RestaurantXO/

  

記事を探す