もっとハワイいつもとは違う楽しみかた

ハワイが世界に誇るテーマパーク「ポリネシア・カルチャー・センター」が開園50周年。

POSTED ON
ハワイが世界に誇るテーマパーク「ポリネシア・カルチャー・センター」が開園50周年。

ハワイが世界に誇るテーマパーク「ポリネシア・カルチャー・センター」が開園50周年を迎えました。

約5万坪の敷地にポリネシアを代表するハワイ・サモア・タヒチ・トンガ・フィジー・アオテアロア(ニュージーランド)の6つの村を再現した「ポリネシア・カルチャー・センター」が誕生したのは1963年10月14日。ポリネシア地域の伝統や文化を保存・再現すると同時に、隣接するブリガム・ヤング大学ハワイ校の生徒への奨学金と仕事の場を与える事を目的としてスタートしました。非営利団体として収入の100%が日々のオペレーションと学生の教育のサポートに充てられており、この50年で世界70か国以上、18,000人を超える学生を援助し、現在も750人の学生がパーク内で働いています。

ポリネシア・カルチャー・センター

現プレジデント兼CEOのアルフレッド・グレース氏もその一人。ニュージーランド出身で在学中はカルチャーダンサーなどを経験し学費にあてました。同テーマパークのOBとしては初のプレジデント兼CEOとなります。開園50周年にあたりアルフレッド・グレース氏は「環太平洋の島々、国々から若者たちがこのライエの地で教育を受け、人生における意味を見出し、そして彼らのカルチャーを世界中からのゲストの皆さまに心からのふれあいと共に提供する。ポリネシア・カルチャーセンターは素晴らしいストーリーそのものです」とコメントしています。

現在、「ポリネシア・カルチャー・センター」では総工費100億円、5年をかけた施設の改善計画が進行中です。既に、新しいハワイ村やハワイの島々のライブエンターテインメントと食事が楽しめるレストランの改装などいくつかは完成しており、中でもハワイの秘境映像に合わせて送られる心温まるメッセージをハワイ最大のスクリーンと最新サウンドシステムを駆使した座席で体感することが出来ます。

「ハワイアンジャーニー」は必見。そして、総制作費約300万ドル、総勢約100名ものキャストによるダンスと音楽が奏でる世界最大のポリネシアショー「HA:ブレス・オブ・ライフ」は迫力満点です。

「HA:プレス・オブ・ライフ」より
新しいハワイ村

今後の目玉としては、ポリネシア関連グッズを販売する「パシフィック・マーケット・プレイス」が現在の2倍の面積に拡張され、グランドオープンする予定で、パークに入場しなくても利用可能となります。

店舗情報

ポリネシア・カルチャー・センター

Polynesian Cultural Center

  • 住所 55-370 Kamehameha Hwy. Laie
  • TEL 808-293-3333
  • 営業時間 11:00- 21:00
    ビレッジは18:00まで
  • 定休日 日曜日、感謝祭(11月第4木曜日)、クリスマス(12月25日)
  • 備考
  

記事を探す