はじめてのハワイココはおさえておきたい

これぞハワイの醍醐味!ワイキキのオーシャンフロントホテル

POSTED ON
これぞハワイの醍醐味!ワイキキのオーシャンフロントホテル

ハワイを代表するビーチといえば「ワイキキビーチ」。白い砂浜、揺れるヤシの木、燦燦と輝く太陽、そしてエメラルドグリーンの水面は、まさに南国のリゾートとしてのイメージそのものです。誰もがワイキキビーチに足を踏み入れた瞬間に、ハワイに来たと感じることでしょう。

ワイキキビーチ

約3kmに渡って広がるこのビーチ沿いにはホテルが並び、世界中から多くの旅行者が集います。ビーチ正面に位置するオーシャンフロントのホテルは、目を見張るような景色が広がるワイキキの特等席。客室内にそそがれる気持ちの良い潮風と優しい波の音は、リゾート気分をぐっと盛り上げてくれますよね。

ワイキキビーチ

客室からの景色は、ホテル選びの重要なポイントの一つ。空と海の真っ青なコンビネーションに包まれ、ハワイでの休暇を存分に満喫できる…そんなオーシャンフロントホテルをご紹介します。

アウトリガー・リーフ・オン・ザ・ビーチ
(Outrigger Reef On The Beach)

最初にご紹介するのは、その名の通り、ワイキキのオン・ザ・ビーチに建つホテル、「アウトリガー・リーフ・オン・ザ・ビーチ」です。ワイキキ・ビーチ・ウォーク®にも隣接し、ショッピングも観光も楽しめる理想的なロケーション。ハワイ各地に24のホテルを展開するアウトリガーホテルズのフラッグシップホテルとして、ゴージャス感溢れる雰囲気の中にも、ハワイアンカルチャーを感じることができます。

客室は、パイナップルやトロピカル植物をモチーフにしたハワイらしいインテリア。オーシャンフロントルームのラナイから、朝・昼・夜と全く違う表情を見せる景色は、一日中眺めていても飽きることはありません。また、全室無料でWi-Fiサービスも備わっており、リゾート感と利便性が両立したホテルとしてオススメです。

ハワイらしいインテリアの客室
オーシャンフロントルームからの眺め

パーク・ショア・ワイキキ(Park Shore Waikiki)

ワイキキのメインストリートであるカラカウア通りと、グルメストリートとして知られるカパフル通りの交差点に位置する「パーク・ショア・ワイキキ」。昨年、リニューアルを完了し、都会的でスタイリッシュなホテルへと生まれ変わりました。オン・ザ・ビーチに加え、ホノルル動物園やワイキキ水族館も徒歩圏内、さらにカピオラニ公園が目の前に広がるため、様々な滞在シーンに応える立地といえます。

モダンでスタイリッシュな客室は、オレンジとブラウンの落ち着いたカラーで統一された快適な空間。オーシャンフロントの客室からは、波が小さく浅瀬のビーチが目の前に広がり、そのビーチは子どもも安心して遊ばせることができると評判です。客室によってはダイヤモンドヘッドとビーチの両方が楽しめる贅沢な眺望も。

モダンでスタイリッシュな客室
オーシャンフロントルームからの眺め

キャッスル・ワイキキ・ショア・コンドミニアムズ
(Castle Waikiki Shore Condominiums)

最後にご紹介するのは、ワイキキでは唯一のオーシャンフロント・コンドミニアム「キャッスル・ワイキキ・ショア・コンドミニアムズ」。抜群の立地、充実の客室空間が評判となり、近年日本人の旅行者も急増。ビーチアクセスの利便性と、緑広がるフォート・デ・ルッシー公園に隣接する環境は最高の一言です。

コンドミニアムということもあり、各客室はユニットのオーナーごとに、それぞれインテリアが異なります。アイランドスタイルや、都会的でスタイリッシュなスタイルなど、どのような雰囲気かは客室に入るまでのお楽しみ。どの客室も広々とした空間と、キッチン(キチネットまたはフルキッチン)、室内洗濯乾燥機、そしてラナイが備え付けられており、長期滞在にもぴったりです。特に1ベッドルーム以上の客室ならば、リビングルームと寝室が分かれているため、ハワイで暮らすような滞在が楽しめること間違いなしでしょう。

アイランドスタイルの客室
ラナイからの眺め

今回ご紹介したホテル以外にも、有名ホテルから隠れ家ホテルまで、ワイキキにはたくさんのオーシャンフロントホテルがあります。ハワイのホテル予約サイト「JTB HAWAII TRAVEL.com」なら、オーシャンフロントホテルも安心・簡単にご予約いただけます。ご自身にぴったりのハワイのホテルをお探しください。

アウトリガー・リーフ・オン・ザ・ビーチ
詳細はこちらから>>

パーク・ショア・ワイキキ
詳細はこちらから>>

キャッスル・ワイキキ・ショア・コンドミニアムズ
詳細はこちらから>>

■ハワイのホテル特集

  

記事を探す