もっとハワイいつもとは違う楽しみかた

こんなにオシャレなカフェがハワイにあったの?!カフェジュリアでとっておきのひとときを堪能

POSTED ON
こんなにオシャレなカフェがハワイにあったの?!カフェジュリアでとっておきのひとときを堪能

少し前までは、日本のようなオシャレなカフェが少なかったハワイ。最近は朝食やランチをメインに、思わずお茶したくなるようなお店も増えてきました。そんなカフェブームが始まる前から、知る人ぞ知るダウンタウンの穴場として密かな人気となっていたのが、カフェジュリア。ハワイとは思えない、ヨーロッパの雰囲気が漂うステキな空間は、今ではガイドブックにも取り上げられるほど。イオラニ宮殿の目の前、カメハメハ像からもすぐというわかりやすいロケーションなので、ダウンタウン散策の途中に立ち寄るのもおすすめです。

カフェジュリアは、イオラニ宮殿の西側、歴史あるラニアケアYWCAの建物の中にあります。この建物は、20世紀初頭にカリフォルニア州で活躍した女性建築家ジュリア・モーガンの設計による歴史的建造物で完成は1927年。彼女は、1920年代にアメリカで活躍した数少ない女性建築家のひとりとして知られ、古典様式、コロニアルスタイルを特徴としたエレガントな作品を数多く残しています。それまでは別の名前だったカフェは、2012年に設計者である彼女にちなんでカフェジュリアとなったのです。

由緒ある建造物YWCA
由緒ある建造物YWCA
エントランス
エントランス

建物の中に入りまっすぐ進むと、こぢんまりとした、けれどとても美しいプールが目に入りますが、カフェはその左側。中庭にもテーブルがあり、気持ちのよい空間で食事ができると評判です。中に入るとハワイ独特のやさしい風が吹き抜けるオシャレな造りに驚くことでしょう。

中庭
中庭
中庭
中庭

天井が高く、ハワイには珍しいヨーロッパを思わせるコロニアルテイストのレストランでは、どんな料理がいただけるのか楽しみですね!

ため息が出てしまうほど素敵なインテリア
ため息が出てしまうほど素敵なインテリア
シーリングのアーチやライティングも美しい
シーリングのアーチやライティングも美しい

カフェジュリアでは、ランチとディナーが楽しめますが、大きな窓から光が注ぎテーブルに印象的な影を落とすランチタイムがおすすめです。ここで味わえるのは、建物に匹敵する驚きに満ちたメニューの数々。ロコモコやガーリックアヒなど、おなじみのメニューもひと味違うテイストが楽しめます。それではさっそくおすすめの料理をご紹介しましょう。

パイナップルデライト($6.25)
パイナップルデライト($6.25)

テーブルについたら、まずはドリンクをオーダー。ワインやカクテル、ビールなどドリンクの種類は豊富です。カフェジュリアのミントウォーター、シャンパンペースのジュリアロイヤル、Y.W.C.ブリーズなど、カフェジュリアオリジナルのドリンクがあるのもおもしろいですね。今回は、パイナップルジュースとミント、そしてレモンライムソーダの組み合わせがさわやかな「パイナップルデライト」にトライしてみました。見た目もトロピカルで、パイナップルの甘さと酸味がたっぷりと楽しめるノンアルコールのドリンクです。

昨年4月にメニューに登場して以来、話題となっている「アヒポケタコス」は、料理に精通したオーナー自らが考案し、シェフと一緒に作り上げた自信作。今ではほかのレストランでも味わえますが、元祖はカフェジュリアなのだそう。ゆず、ハチミツ、そしてワサビが効いたドレッシングがおいしさを引き立てます。

アヒポケタコス(2個$10.50、4個$17.50)

ここでも1番人気はやはり「ロコモコ」。でもよく見ると、ご飯がフライドライスになっているのがわかるはず。完璧に調理された上質のビーフハンバーグと目玉焼きを、ハワイらしいフライドライスにのせ、赤ワインを隠し味に使ったグレービーソースをかけた一品は、今までに味わったことがないロコモコに仕上がっています。

ロコモコ($18.95)
ロコモコ($18.95)
B級グルメのロコモコもカフェジュリアの手にかかれば「正統派グルメ」に変身
B級グルメのロコモコもカフェジュリアの手にかかれば「正統派グルメ」に変身

ワサビ入りアイオリソースのかかった「ガーリックアヒ」も、ロコモコと人気を争う一品で、スタッフ一押しのメニュー。その日の朝に仕入れたアヒをグリルし、野菜と一緒にいただきます。プレゼンテーションも上品で、目もおなかも大満足。ご飯も付いているので、しっかり食べたいときに時におすすめです。

ガーリックアヒ($21.95)
ガーリックアヒ($21.95)
ジューシーでソフトなアヒに感動!
ジューシーでソフトなアヒに感動!
リリコイチーズケーキ($9.25)
リリコイチーズケーキ($9.25)

一見ソフトクリームのようなこちらのデザート、実はチーズケーキなんです!グラハムクラッカーの上にクリームチーズをのせ、甘酸っぱいリリコイソースをかけ、仕上げにフレッシュストロベリーをトッピング。カクテルグラスでサーブされる、とってもオシャレな一品。豊かな発想とシェフの技が光るデザートは、食事の締めくくりにぴったりです。

オーナー兼マネージャーのエマソン氏(左)
オーナー兼マネージャーのエマソン氏(左)

カフェジュリアでは、有名レストラン出身のベテランシェフが病気療養のため、現在は30代の若手シェフが跡を引き継ぎ腕を振るっていますが、今までの評判を落とすことなく、さらに進化を遂げようとしています。

オーナーでありマネージャーとして毎日お店に顔を出すエマソン氏は、日本のホテルに勤めていたこともあり日本語が堪能。日本人旅行者の心強い味方でもあります。食べることが大好きで、いつも新しいメニューやアイデアを考えているというエマソン氏を見かけたら、気軽に声をかけてみてくださいね。

店舗情報

カフェ・ジュリア

Cafe Julia @ YWCA

  • 住所 1040 Richards St., Honolulu
  • TEL 808-533-3334
  • 営業時間 09:00-13:00、16:00-21:00 (日曜)
    11:00-14:00 (月・火曜)
    11:00-14:00、16:00-21:00 (水~金曜)
  • 定休日 土曜
  • URL http://cafejuliahawaii.com/
  • 備考
  

記事を探す